クルーズ船 とうきょう丸

海外のローカル新聞を読んだり、旅行体験などで異文化理解を進めて行きます。

新型コロナウイルス 感染拡大を防止

 


ニュースで知ったのですが、クルーズ船ウエステルダムがカンボジアで上陸できたとのこと。

この船は、順にフィリピン、台湾、日本、タイが入港拒否したので難渋していたが、カンボジアが入港を認め、乗客は下船できたとのこと。やむおえない事情とは言え日本が入港を拒否したことは何となく後ろめたい気がしていた。

ところが、下船したアメリカ人乗客が憤懣やるかたなしの表情でインタビューに答えていたが、驚くべき発言がありました。

発言内容は、クルーズ船はグアム島入港を希望したのに拒否されたとのこと。

このクルーズ船は元々アメリカの会社が運営しており、乗客も大半はアメリカ人の富裕層であると思われます。

乗客は、アメリカ人の我々がアメリカから拒否されたと憤っていたのです。

いやはや、今回のクルーズ船入港拒否問題は非常に判断の難しいものだということがわかりました。防疫の観点からアメリカ政府は判断したのだろうが、簡単に納得できる問題ではない。

グアム島入港拒否は全くショッキングな情報でした。

そこで、

本日、各国の空港での対応を、空港のウェブサイトからか確認してみました。

 

 まずはホノルル空港ですが、日本からのアライバルは無しと表示されました。

 

f:id:tokyo-maru:20200214141245p:plain

 

 

続いてロサンゼルス空港ですが

f:id:tokyo-maru:20200214141256p:plain

JALの到着便無しと表示されました。

続いて台湾、台北空港をみてみました。

f:id:tokyo-maru:20200214141304p:plain

中国からのほとんどキャンセルされています。

一方、我が日本、成田空港はいかがでしょうか。

おどろくなかれ以下のとおり今日も多数の飛行機が中国から飛んできて着陸しています。

f:id:tokyo-maru:20200214141317p:plain

f:id:tokyo-maru:20200214141435p:plain

国境管理、ボーダープロテクションにちょっと問題があるのではないでしょうか?

先般のカルロス・ゴーン事件と同根の問題があるように思われます。

 

https://www.youtube.com/watch?v=J28eufJTjPw

 https://www.youtube.com/watch?v=pf6DXw0vpg0